インターネット大会で平湖の元素が注目された
2019-10-22 09:23:10
 ここ数日、第六回世界インターネット大会は間違いなく人々から最も注目された盛典になった。記者は市経信局から、前の大会と同様、今年の世界インターネット大会では、多くの「ブラックテクノロジー」が登場し、その中で平湖企業の姿も見られたことを把握した。
 「この搬送ロボットの最大負重は500キログラム、そして省エネとして、1キロワット時を充電するだけで、2つの作業日で利用できる。そして自由に360度方向転換と直角道変更を実現できる。その商品力は同じレベルとタイプの商品中ではトップレベルを誇っている。」烏鎮インターネットの光博覧会の展示ホール中で、平湖の浙江漢脳科技有限公司からのスタッフは、彼らの新しいハイテク商品——全方向駆動AGV(搬送ロボット)をアピールしている。
 今年の世界インターネット大会では、平湖企業だけでなく、当市から編制された大会で駐在する資本招致チームも活躍した。彼らは毎日に大会の各項フォーラム、展示会の間を奔走しており、最新の資本誘致情報を入手している。19日に開催された2019長江デルタ(嘉興)デジタル経済投資貿易商談会(嘉洽会)において、当市は化合物半導体5G通信光エレクトロニクスチップ及び検出モジュール、スマートユビキタスネットワーク設備等4つのデジタル経済産業プロジェクトと契約し、総投資額は37.6億元に達し、当市デジタル経済産業の発展に大きく貢献した。「大会で駐在して資本誘致を行うことによって、当市の対外宣伝、広報の力を強化し、より優れた情報ネットワークを築き、全市が優れたデジタル経済企業を取り入れるのに、大きく貢献した。」市商務局外商投資課課長盛斌は、今年も当市で初めて「駐会招商」という新しいモデルを採用したと述べた。
 漢脳科技は世界級インターネット殿堂で華やかに登場しており、これは平湖企業が著しく発展する生々しい縮図だ。今では、ますます多くの平湖企業は外へ進出し始めた。今年の世界インターネット大会で、当市は政府部門、鎮街道学校の教師と先生、産業協会、企業代表等1500人近くを集め、フォーラム活動とインターネットの光博覧会へ参加し、積極的に国内外デジタル経済における提携できる資源とつなぎ、先進な情報技術を学んだ。そして提携できるチャンスを探索し、続けて当市デジタル経済の著しい発展を推し進めていく。