当市服装バッグ産業集積群は省実験地点に選ばれた
2019-10-09 09:28:47
  近日、当市服装バッグ(ファッション)産業集積群融合実験地点は、省初の現代サービス業と先進製造業と深く融合する実験地点に選ばれた。今では、全省で合計9つの産業集積群融合実験地点と16社の企業実験地点があり、平湖服装バッグ産業集積群実験地点は、嘉興市で唯一の産業集積群融合実験地点として選ばれた。
 服装とバッグは、平湖における二つの主な伝統的、優位性がある産業だ。早くも2010年、2012年に、当市は平湖•中国服装モールと平湖•国際バッグモールを建設し、その中で服装モールはダウンジャケットの卸売を特色として、今入居する業者は1800社以上;バッグモールは開発設計、Eコマース、ブランドマーケティング等の産業機能を中心に改善し続けている。重点的に二つの産業のクリエイティブと融合のプラットフォームを建設する上、当市は業界でトップレベルを目指して、続けて独自ブランドと区域ブランドの構築に注力し、飛霊飛遜、伊佳林IKALI、及び新秀集団の「天天」、銀座バッグ「YINZUO」等全国で高い知名度を持つ企業におけるオリジナルブランドが相次ぎに表れた。当市はまた5年連続で中国•平湖服装博覧会、中国•平湖服装デザインコンテスト(国家級)を開催した。そして数回に渡りチームで国内外の有名な業界における展示会に参加し、共に「中国服装製造名城」「平湖ダウンジャケットバッグ」等区域ブランドの知名度を高めた。
 服装バッグは伝統的な産業になっているが、当市はモデルチェンジを通じ、伝統的な産業にクリエイティブ的な要素を与えた。平湖•中国服装モールはアリババと提携して平湖服装商圏産業チェーンを建設している。アリババ•越境eコマースサービスセンター、服装垂直サプライチェーンプラットフォーム等平湖企業に国内販売と対外貿易におけるルート上の統合されたソリューションを提供しており、区域ブランドマーケティングネットワークを形成された。その他、多くの服装バッグ企業は積極的に探索、クリエイティブを行い、多くの平湖における特色的な産業発展モデルを形成された。例えば依愛夫の「文化創意」モデル、邁豪登(伊思佳)の「業界を超えた融合」モデル、飛霊飛遜の「設計製造(ODM)」モデル及びLIN限定衣の「人気ブロガーマーケティング」モデル等がある。