平湖経開は再び最先端設備企業を迎えた
2018-12-17 15:12:33
 近日、平湖ハイゲート自動化設備有限公司は平湖経済技術開発区に入居した。人材科技プロジェクトとして、平湖ハイゲート自動化設備有限公司と調印したことによって、全区の知能生産と人材科技の孵化を更に推し進めることができる。
 調査によると、平湖ハイゲート自動化設備有限公司は人材プロジェクト——平湖立申工業科技有限公司とハイゲート(ドイツ)社と共同で投資して設立しました。ハイゲート(ドイツ)社は1991年に設立し、高品質リフト昇降システム、車体搬送と車体処理設備の設計と製造を行っている。ハイゲート商品の高速、精確な定位と安全、安定等の特性は業界中で幅広く認められており、自動車生産ラインの内装ライン、ローラーコンベア、白い車体、塗装ライン及びそれに関わっている生産ラインに広く応用されている。そして、長期的にBMW、アウディ、ベンツ、フォルクスワーゲン、フォード、ポルシェ等の顧客と提携しています。その中では、ドイツのミュンヘンにあるBMW社はハイゲートをその塗装ラインにおける唯一のサプライヤーと指定した。今回で入居する平湖ハイゲート自動化設備有限公司について、工業4.0ハイエンド昇降設備及び自動誘導搬送車等の投資と開発を行う予定として、商品は自動車生産ラインと自動ガレージ等に利用される見込み。会社は設立後、第三年目で主な業務収入を4500万元以上に達する見込み。