平湖文化クラウドは昨日よりスタート
2018-12-04 15:28:16
    昨日の午後、平湖文化クラウドのオープニングイベントが開催した。市幹部の蔡国平、許静等が出席。
 平湖文化クラウドは当市が現代公共文化サービス体系を構築する上での有益な探索と実践である。それが革新的に全市の文化資源を統合し、ネットワーク化ワンストップ形式によって、サイト、ケータイAPP等を通じ、公共文化の場、文化体育活動、文化ボランティア等のサービス情報を提供し、オンラインとオフラインの公共文化資源の融合、オフライン・オンラインサービスのお互いの補完を実現した。調査によると、平湖文化クラウド建設プロジェクトは今年の市政府における重点民生実事プロジェクト、民生共有プロジェクトに選ばれ、嘉興市文広新局の2018年嘉興市公共文化創新プロジェクトの一つとなった。
 市委常委、宣伝部長の蔡国平は挨拶中で、平湖文化クラウドは充分にクラウドコンピューティング技術を利用し、各種デジタル化された文化資源に対して統合を行い、その上でネットワーク技術によってサービスのプラットフォームを構築して、文化資源の共有という目的を実現している。その科学による合理的な応用は、公共文化サービスの標準化、均等化、デジタル化、社会化等の面で重要な意義がある。それにより、徹底的に公共文化サービス体系建設中にある情報の非対称、資源が共有できない、陣地が利用できない、サービスが悪い等の問題を解決できると話した。蔡国平はまた、平湖文化クラウドは正式にスタートしてから、各側は更に緊密に協力し、そのスムーズな運営と活用を確保し、金平湖文化の新しい崛起に力強く支え、更に当市公共文化サービスの多元化を推し進め、人々が豊かな生活への需要を満たせていくと発言した。