百年ドイツ企業における中国初の製造基地は平で稼働
2018-11-27 15:33:39
  昨日の午前、平湖経済技術開発区のワッカーノイソン機械設備(中国)有限公司平湖工場は正式に開業した。これは百年ドイツ企業のワッカーノイソン集団が中国で初の製造基地になっており、正式に稼働すると、全市最先端設備製造領域の業界における影響力を高め、平湖経開及び全市の優良企業になる見込み。市委書記の祁海龍は開業の式典へ出席した。
 調べによると、ワッカーノイソン集団は世界の建築と小型機械領域における優れた製造メーカーである。1848年から創業し、今まですでに170年の歴史がある。その子会社と営業所は世界各地に点在し、数多くの建築、園芸、市政と農業領域の顧客と提携している。ワッカーノイソン集団が中国で設立した最初の製造基地として、ワッカーノイソン機械設備(中国)有限公司プロジェクトの登記資本金は1950万ドル、総投資額は5475万ドル。
 百年ドイツ企業は平湖で拠点を構えたい理由は、平湖の恵まれた地理的条件、ますます成熟された産業インフラ建設、政府部門の改善し続けている「一体型」サービスにある。「欧米開拓」という資本誘致戦略の元、平湖は続けて資本誘致の方式を革新し、サービスを最適化して、プロジェクトの早期の調印を推し進め続けた。ワッカーノイソンと契約を調印してから、プロジェクトの早期の稼働に向けて努力し続けた。ワッカーノイソン機械設備(中国)有限公司工場建設プロジェクトは、一つの「ハイエンドカスタマイズ」の「ターンキー・プロジェクト」である。2016年11月、平湖経開はワッカーノイソン工場プロジェクトの建設を代理し、ドイツのスタンダードと要求に合わせ、工場、多目的工場、生産開発ビル、テストステーション等を建設し、その後の内装等も行った。顧客から厚く信頼された分、平湖経開は高い責任感持っていた。過去二年間では、平湖経開は要求に従って、ハイクオリティーな工場の建設に成功し、キーを顧客へ渡しており、最終的に昨日にて正式な稼働を向かえた。