開発区中の欧州(ドイツ)産業パークに新たに一社が開業して稼働をスタート
2017-01-22 14:36:37
    近日では、開発区の欧州(ドイツ)産業パークは新しいメンバー―-ボールフィルターシステム(平湖)有限公司が盛大に開業し、市の幹部である陶明方などは式典に出席した。
    情報によると、ボールフィルターシステム(平湖)有限公司の総投資額は1000万ユーロ、登録資本金は500万ユーロ、主に船舶類フィルターの生産及び取り付けを行っており、全市で初めてのドイツ出資の船舶類製造業プロジェクトとなり、ドイツボール集団がドイツ以外の国で建設した初めての海外工場である。ボール集団は1950年に創業し、中規模のドイツ系家族企業であり、グローバル船舶類とエンジンフィルター製造のトップ企業である。主に船舶、発電機、ディーゼルエンジンなどの設備の液体と気体類フィルターを製造している。それ以外に、この会社の工場は平湖経で初のドイツ系企業のためにカスタマイズされたハイレベルな工場として、プロジェクトの納期と品質は全てドイツ側企業から高く評価され、認められている。